cursoroverdictionary 0.0.5

いくつか機能追加しました。

追加した機能

PDICテキスト形式の辞書データの取り込みに対応

以前はPDIC1行テキスト形式しか対応しておらず、
英辞郎を持っていない人は利用することができない、というものでした。

PDICテキスト形式だと、下記のサイトで公開されているGENE95辞書ファイルを
利用することができます。

GENE95辞書
http://www.namazu.org/~tsuchiya/sdic/data/gene.html

外部検索機能の追加

今までは内部データベースを使った英和辞書機能しかなかったのですが、
外部サイトを利用することで、いろいろできるようになりました。

具体例としては、Google Translateを使って
選択したテキストを日本語->英語または英語->日本語に翻訳したり、
アルク検索を使って和英検索を行ったりすることができます。

あと、あまり実用的ではないかもしれませんが(ブラウザでやれ的な意味で)、Wikipedia検索などもできます。

operator-user対応

opeator-userというスクリプトを使うと、operatorを簡単に定義できるのですが、
これを併用することで外部検索機能を実行しやすくなります。

たとえば、GoogleTranslate翻訳をoperator-userに登録し、
それを「gt」にマッピングしたとすると、
「gtis」キー一発で文章単位の翻訳ができたりします。

実行例

Google翻訳

英語->日本語翻訳の設定

call cursoroverdictionary#add("gt", "http://www.google.com/translate_t?langpair=auto|ja&text={word}", "utf-8", "sjis")
call cursoroverdictionary#set_trim_pattern("gt", '<span id=result_box.\{-}>', '</span>')
call cursoroverdictionary#set_user_agent("gt", "Mozilla/4.0 (ja)")
" operatorをgtキーにマップ
map gt <Plug>(operator-cod-gt)

文章を選択してgtキーを押すと翻訳結果が表示されます

↓結果

gtisキー(operator + motion)で、文単位の翻訳もできます。


実際のところは、gtキーには標準で割り当てられている機能があるので
実際に設定する場合は、割り当てるキーを考える必要があります


日本語->英語翻訳の設定

call cursoroverdictionary#add("gte", "http://www.google.com/translate_t?langpair=auto|en&text={word}", "utf-8", "sjis")
call cursoroverdictionary#set_trim_pattern("gte", '<span id=result_box.\{-}>', '</span>')
call cursoroverdictionary#set_user_agent("gte", "Mozilla/5.0 (ja)")

日本語->英語翻訳も可(翻訳の質については気にしない)

アルク

設定

call cursoroverdictionary#add("alc", "http://eow.alc.co.jp/{word}/UTF-8", "utf-8", "utf-8")
call cursoroverdictionary#set_trim_pattern("alc", '<div id="resultsList".\{-}>', '\t\t\t\t</div>')
call cursoroverdictionary#set_user_agent("alc", 'Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.6) Gecko/2009011913 Firefox/3.0.6')

コマンドラインからの実行

Vimperatorのmulti_requester.jsのalcコマンドみたいな感じです。


選択した文章からの実行


(サイトの利用規約的には駄目そうですが)

Wikipedia

設定

" Wikipedia日本語版
call cursoroverdictionary#add("wp", "http://ja.wikipedia.org/wiki/{word}", "utf-8", "utf-8")
call cursoroverdictionary#set_trim_pattern("wp", '<div id="bodyContent">', '\t\t</div>')

コマンドラインからの実行

必要なもの

外部検索機能を使う場合はcURLが必要になります。

注意

  • cURLのバージョンによっては動かない場合があるかもしれません

(cURL 7.10.8で実行したところ、なぜかGoogleTranslateがうまく動作しませんでした)

  • 外部検索の結果表示の際、数値文字参照はデコードしていません

ダウンロード

外部検索機能の設定方法については、上の実行例とヘルプファイルを参考にしてください。

http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=2680